FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐治晴夫さんという人

高校生の時に読んだ本 「ゆらぎの不思議―宇宙創造の物語」(PHP文庫) は
長い間私のお気に入りの本になっています。

佐治晴夫さんは物理学者で理学博士。
NASA客員研究員であり、多くの大学で教鞭をふるってこられた方です。

量子力学的「無」からの宇宙創生の理論、ゆらぎ理論の第一人者。
1/fゆらぎを“ゆらぎ扇風機”などの家電製品に応用したことでも知られる。
Wikipedia 参照)

「ゆらぎ(1/f)」という言葉は今はあまり聞かないけれど、当時本当によく耳にしました。

私は物理が得意ではないし、難しい数式を並べられてもわかりませんが、
このの本をとても興味深く、そして楽しく読めたのは、
佐治さんの感性の豊かさや、その中にある人生論に感銘を受けたからだと思います。

確かこの本の冒頭は、金子みすゞさんの詩で始まったと思います。
どの詩かは忘れましたが…

不思議

   私は不思議でたまらない、
   黒い雲からふる雨が、
   銀にひかつてゐることが。

   私は不思議でたまらない、
   青い桑の葉食べてゐる、
   蠶が白くなることが。

   私は不思議でたまらない、
   たれもいぢらぬ夕顔が、
   ひとりでぱらりと開くのが。

   私は不思議でたまらない、
   誰にきいても笑つてて、
   あたりまへだ、といふことが。


本を読んで、小さな日常の中に、宇宙はあるんだなぁと。
あたりまえだと思っている事を、そうでない視点で見たり聞く事で
見える世界や発見があるんだなと思いました。
意外と答えはすぐそこにあるのかも。と、思った気がします。

人間の脳と宇宙がとても似ているという事も、そういう事なのかも?


今日急に思い出して懐かしくなったので、もう一冊本を買いました。
「宇宙の不思議―宇宙物理学からの発想」

届くのが楽しみです。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

fumi

Author:fumi
fumi*tsuki
Accessory shop

アクセサリー作家 熊原史子
のブログ
Twitter ID: fumi_kuma
※入荷情報や人気商品などつぶやき中!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。