FC2ブログ

さくら

外はさくらが8分咲き。
ちょっとサイクリングしたら綺麗でした~。

桜

家でもさくら茶と和菓子で花見気分

しんなりしてた桜がお湯を入れるとふわっと広がってキレイ~♪
味もほんのり塩味でおいしかった。

スポンサーサイト



発酵(醗酵)

最近、色々なものを醗酵させています。


1.この前作った「お味噌」

きっと微生物たちががんばってくれています。


2.もう1-2年続いている「豆乳ヨーグルト」

豆乳にりんご酢を入れて30-40度で醗酵
作り方はこちらを参考にさせて頂きました → 豆乳ヨーグルトをつくる
何度か作ってコツをつかみ、今ではトロトロのおいしいヨーグルトができます。


この時できるうわずみ(乳清)はお風呂にいれるととても良いんです。

最近乳酸菌風呂というのも耳にしますが、
お湯がマイルドになり、乾燥性の肌荒れにはとても効くと思います。
乳酸菌が塩素を和らげてくれるようです。

そして、浴槽が汚れず、お風呂掃除がとっても楽です。
乳酸菌は雑菌の増殖を抑える効果もあるので、湯垢が全くつかない上に
はじめの方は、風呂釜の汚れが取れてビックリしました。

オススメです。


3.えひめAI-2
家庭でもつくれる環境浄化微生物

という事で、こちらはお掃除や消臭、植物の肥料に。
作り方はこちらです → えひめAI-2の製造方法



どうも私は醗酵が好きなようです(笑)




手作り味噌

おばあちゃんから手作り味噌を勧められて味噌樽をもらったのは1年前。

その時からずーっと作りたいなぁと思っていた味噌。
昨日やっと、一晩つけておいた大豆を茹で、味噌を仕込みました。

味噌1  味噌2

大豆を3-4時間茹でたもの  →   樽に仕込んだ味噌

味噌は寒仕込みといって、1月~2月のこの時期に仕込むのが良いらしいです。

7kg分の仕込みをしましたが、、田舎の家だったらあるであろう
大きな鍋とか、大きなコンロ、そして広いスペースがあればなぁと
作業をしながら何度も思いました(^-^;)

とはいえ、作る作業は熱中できて、とっても楽しかった!


今回は大豆と糀の比率を2:3ぐらいにして作ってみました。

最後に清酒を振りかけて、おいしくなぁれ♪ とおまじない。
ちゃんと出来るかなぁ~
8ヶ月ぐらいから食べられるようです。でも1年待つのがベストとか!?

とにかく、今年の秋あたり、楽しみです。

佐治晴夫さんという人

高校生の時に読んだ本 「ゆらぎの不思議―宇宙創造の物語」(PHP文庫) は
長い間私のお気に入りの本になっています。

佐治晴夫さんは物理学者で理学博士。
NASA客員研究員であり、多くの大学で教鞭をふるってこられた方です。

量子力学的「無」からの宇宙創生の理論、ゆらぎ理論の第一人者。
1/fゆらぎを“ゆらぎ扇風機”などの家電製品に応用したことでも知られる。
Wikipedia 参照)

「ゆらぎ(1/f)」という言葉は今はあまり聞かないけれど、当時本当によく耳にしました。

私は物理が得意ではないし、難しい数式を並べられてもわかりませんが、
このの本をとても興味深く、そして楽しく読めたのは、
佐治さんの感性の豊かさや、その中にある人生論に感銘を受けたからだと思います。

確かこの本の冒頭は、金子みすゞさんの詩で始まったと思います。
どの詩かは忘れましたが…

不思議

   私は不思議でたまらない、
   黒い雲からふる雨が、
   銀にひかつてゐることが。

   私は不思議でたまらない、
   青い桑の葉食べてゐる、
   蠶が白くなることが。

   私は不思議でたまらない、
   たれもいぢらぬ夕顔が、
   ひとりでぱらりと開くのが。

   私は不思議でたまらない、
   誰にきいても笑つてて、
   あたりまへだ、といふことが。


本を読んで、小さな日常の中に、宇宙はあるんだなぁと。
あたりまえだと思っている事を、そうでない視点で見たり聞く事で
見える世界や発見があるんだなと思いました。
意外と答えはすぐそこにあるのかも。と、思った気がします。

人間の脳と宇宙がとても似ているという事も、そういう事なのかも?


今日急に思い出して懐かしくなったので、もう一冊本を買いました。
「宇宙の不思議―宇宙物理学からの発想」

届くのが楽しみです。



ユキノシタの化粧水

ブログが1ヶ月程滞ってしまいました。

秋に向かうこの時期はすごく好きな時期なのですが、日中が暑くてまだ夏のようですね。
太陽の光が昔以上にきつい気がするのは、私だけじゃないはず。
(実際に太陽の活動が活発になっているようですしね。)


ところで、私はここ最近、美容に特に気をつけています。
季節の変わり目なので、荒れやすいのも理由のひとつですが、
何よりも、今が分かれ目のような気がするからです(笑)

30代半ば、同じように歳をとっているはずなのに、
人によって推定年齢が全く違ってるのもこの時期かなと。
気持ちもとても大事ですが、お手入れも俄然大事になって来ている気がします。

という事で、手作りの化粧水やクリームにも力が…


◆ユキノシタ化粧水のレシピ

[液体系]
精製水 … 30cc
ユキノシタエキス(BG溶液) …15cc (※)
グリセリン … 5cc
ヒアルロン酸 … 1g
オリーブスクワラン …数滴
ビタミンE … 数滴

[粉末系]
米由来・水溶性セラミド …0.05g
グリチルリチンサンジカリュウム(甘草) …0.2g
ペタイン … 1g
アラントイン … 0.5g
トレハロース … 0.5g

キサンタンガム … 少々
好みの精油 …少々 
ブラックウィローバークエキストラクト(保存料) …少々

※ ユキノシタの乾燥した葉っぱを、BG:精製水 1:1 でつけたもの


この材料で作っています。
色々作ってみた中で、かなりオススメのレシピ!

好きな化粧水を色々研究してみて作りました。

注) 私のお肌は本当に敏感肌の乾燥肌なので、大体の方が大丈夫だと思いますが、
   作られた場合はパッチテストをする事をオススメします。

だいたい2週間で使い切るので、たっぷりと遠慮なく使えて
フェイスパックにも最適ですよ~。

という事で、また機会があれば乳液などもご紹介したいとおもいます。


fumi*tsuki アクセサリーショップ

 

銭湯~♪

たまには大きなお風呂で気分転換もいいんじゃない!?

っと ふら~っと銭湯へ。

utagawa_yu.jpeg


近所にある銭湯はいつも空いていて、雰囲気があって、
屋根がえらく高くて、

立派な…というか愛嬌のある風景画があって、
(もちろん、男湯の方には富士山が描かれているのがチラッと見える)

とてもいい。

utagawa_yu01.jpg 

ugatawa_yu02.jpg
<画像お借りました~>

すっごいリフレッシュをして帰ってきました。


たまには、こういうのもいいですね~♪



雨の日・ネットショッピングを楽しむ

私はネットショッピングを大いに活用しています。
都内在住で車も必要ないし…でも重いものを運ぶのは大変。
欲しい物を見つけるにも時間がかかる…

という事で、ネットで買えるものは全てネットです。
(お洋服は合わせたいのであまり使いませんが…)

◆ ドラックストアで買う生活用品(ティッシュとか猫ちゃんのトイレ砂など)
◆ 食品はOisx
◆ お米や水関係
◆ 家具類
◆ ファッション小物
◆ 書籍類
◆ ホームセンターで買うようなもの。
…等など       
宅急便で毎日のように何かが届きます。

今は梅雨ですね。

「雨の日が多い!」

という事で、仕事にも履いていけるレインブーツを購入。
スワロフスキーのラインストーンがついています。

レインブーツ

あまり流行ものには手を出さないのですが、
「Cath Kidston」は便利そうだしかわいいなぁ…
しかもナイロンコートだから雨の日も活躍する!?
という事で、

Cath Kidston

Cath Kidstonのバックも購入!

どちらも雨の日に活躍中です。
昔とちがって、雨の日を楽しめる可愛いグッズが増えていいですね~
本当は可愛いレインコートも欲しいところですが、
滅多に使わないのでは?と保留。

昔ネットショップが出来始めた頃は
やっぱり実際見て買いたいんじゃないの~?なんて思っていましたが、
こんなに普及するなんて。。。 (しかもこんなにお世話になるなんて…)

私もネットショップ作りに携わってからもう13年が経過しようとしています。

昔より随分と商品が見やすくなって、画像も沢山見れるように。
手に取って見る感覚や買った人の感想など。
ネットショップならではの情報収集の早さはやはり魅力です。

これからどんな風に進化していくのか楽しみです☆

京都大原のベニシアさん

私はテレビを持っていません。
毎日ニュースはネットでチェックしています。
かといってテレビを全く見ないわけではなく、みたいものはPCで見ています。

「猫のしっぽ カエルの手 ~京都大原 ベニシア手作りの暮らし~」(NHK)
もそのひとつ。

姉が実家の母のために毎回録画をしているのですが、
それを私も最近借りはじめ、好んで見ています。

8年間住んだ京都で馴染みがあるのも理由のひとつですが、
彼女のハーブや自然と共に生きる生き方は、私の理想に限りなく近いです。
それにたまに知っている人が登場して一層親近感が…(笑)
私も私の周りの友達もみんな手作りと自然、京都が大好きだから
なんとなくつながる世界なんだろうなと思います。

ベニシアさんの住んでいる築100年の古民家。

nhk-b.jpg
※NHKのWEBサイトより

本当に素敵です。

家など、古いもよりも新しいものの方が好しとされる事が多いですが、
私は決してそんな事はないと思います。

一概には言えませんが、個人的には1980~2000年に建てられた家よりも
大工さんが長い年月をかけて丁寧に作っていた時代の家の方が良いなと思います。

それに何よりも…創作意欲がわくのです(笑)
色々工夫できる隙があるというのは面白い事です。

また時間の流れ方も違う気がします。


お金をかければ何でもすぐに手に入る今だけど、
それを手作りする事で生活を楽しむ事は、とても豊かだと思います。


私も常にそんな豊かさを持ち合わせていたいなと思います。
次は味噌作りに挑戦しようと思っています 



プロフィール

fumi

Author:fumi
fumi*tsuki
Accessory shop

アクセサリー作家 熊原史子
のブログ
Twitter ID: fumi_kuma
※入荷情報や人気商品などつぶやき中!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
ブログ内検索